CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

語りつぐ青函連絡船の会

名称特定非営利活動法人語りつぐ青函連絡船の会
代表者木村一郎(理事長)
詳細住所〒040-0063 北海道函館市若松町34-8-1002
電話番号0138-27-2500(摩周丸)
URLhttp://www.renrakusen.com/
E-mailwatch@renrakusen.com
設立(年月日)2002年3月7日(法人成立日)
目的青函連絡船をはじめとする鉄道連絡船の歴史と文化を後世に語りついでゆく活動を行うなかで、産業遺産の重要性を啓発するとともに、社会教育やまちづくりへの活用を図り、わが国をより文化豊かな国としていく。
活動内容函館港に係留・保存されている「摩周丸」を産業遺産として再評価し、青函連絡船の歴史・文化を後世に伝える。
特定非営利活動の種類1. 社会教育の推進を図る活動
2. まちづくりの推進を図る活
3. 文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
事業1. 鉄道連絡船に関する文献、施設、資料等の収集、調査、研究、保存、管理、公開
2. 鉄道連絡船の歴史と文化に関する教育、啓発、情報提供
3. 産業遺産を取り込んだまちづくりの推進
4. 産業遺産の保存、活用等に関する活動を行う団体に対する連絡、助言、援助
5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
会員構成元乗組員、一般市民、連絡船研究者等で構成。初代理事長は元国鉄青函局長で津軽丸型連絡船を設計した石黒隆(現名誉会長)。現理事長は元JR北海道函館支社長の木村一郎。
主な活動1999年9月結成。
2000年3月11日から5月7日、函館の「メモリアルシップ摩周丸」でイベント「語りつぐ青函連絡船の世紀」を開催。
2002年3月法人化(特定非営利活動法人)。
以後、函館ほか各地で「写真展」「産業遺産セミナー」「工作教室」「青函ジョイント夏フェスタ」等を開催。
2003年7月よりJR函館駅2階で「船と鉄道の図書館・いるか文庫」を運営。
2008年4月より函館市の指定管理者として「青函連絡船記念館摩周丸」を管理・運営。
役員
[2015.9-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:白井朝子
理事:高橋 摂/大場省介/上村卓久/大熊 昭
監事:佐藤和博
[2014.7-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:白井朝子
理事:高橋 摂/辻 聡/小柳頼行/大場省介/上村卓久
運営委員:大熊 昭
監事:佐藤和博
[2013.9-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:白井朝子
理事:高橋 摂/辻 聡/小柳頼行/大場省介
運営委員:大熊 昭
監事:佐藤和博
[2011.9-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:白井朝子
理事:高橋 摂/辻 聡/小柳頼行
運営委員:大熊 昭
監事:佐藤和博
[2010.9-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:山内 弘/白井朝子
理事:高橋 摂/辻 聡
監事:佐藤和博
[2008.1-]
名誉会長:石黒 隆
理事長:木村一郎
副理事長:山内 弘/白井朝子
理事:高橋 摂/辻 聡
監事:久々宮 久
[2005.9-]
理事長:石黒 隆
副理事長:久々宮 久/山内 弘
理事:白井朝子/上地啓理
監事:似鳥忠造
[2002.3-]
理事長:石黒 隆
副理事長:久々宮 久/山内 弘
理事:似鳥忠造/白井朝子
監事:工藤圭次郎